中国クラブ>ぼったくりの手口・騙しのテクニック

 

 

 

 

  赤坂・四谷3丁目・青山・外苑前・新宿・新宿御苑・池袋・麻布十番

 

 

 

 

新宿歌舞伎町では、客引きによるボッタクリ事件が多発しており
新宿だけでなく池袋においても、客引きの取り締まりが強化されて
いるようです。
そこで赤坂のボッタクリ事情と対処方法をお話ししたいと思います。

ぼったくりの手口
 
 sponsord link

 
 ボッタクリ事情その1
請求料金が高いために 「ボッタクリだ!」という人がいますが

客が勝手に「ボッタクリ」と言っているケースです。

中国クラブの場合、お店によって多少の違いはあるものの

基本料金はほぼ同じ料金体系が赤坂です。

ほろ酔い気分で楽しんで、女性に甘くなり

1時間が3時間4時間と時間延長すれば、基本料金5,000円が2万円
になっても当然のケースです。
時間を忘れて3時間もいれば5,000円
で済むわけはありません。

 

更に女性の甘い言葉で「1杯飲んでもいい?」と言われ、
ついつい1杯が2杯、
2杯が3杯。しかも女性が2人3人ついて、
ボトルドリンクを入れたら、なおさら
予定より高くなっても仕方ないですね。

しかし、いくら予算オーバーし、高いと思ったとしても、
お店は規定料金での請求なので、「ボッタクリ」ではないのです。

 ボッタクリ事情その2
 

セット制のお店は問題ないのですが

時間制のお店に多い軽い「プチボッタクリ」。

 

60分5,000円が基本的なシステム料金ですが、
1時間過ぎて自動的に延長されるお店があります。

「10分超過したから、今、清算すると2時間分の料金になり、
もったいないので、あと1時間延長して」・・という店。

 

優良店では時間が来れば教えてくれますが

時間が来ても教えてはもらえす自動延長されてしまうのです。


お店側に、特に「店長」「チーフ」に
「時間が来たら教えて!」と言っておくとトラブルにならないことが多いのです。

 ボッタクリ事情その3
 

女性のドリンクの金額を確認して下さい。

同じドリンクでもソフトドリンクとアルコール系と値段が違います。

それがお店によって1杯1,000円〜3,000円の差があります。

 

また、ボトルワインやシャンパンもお店によって

1本10,000円のお店から30,000円のお店と差があります。

 

清算時に「高すぎる!!」などの苦情を言わないように

事前に値段を確認すれば問題になりません。

 ボッタクリ事情その4
 

赤坂も客引きに対する取り締まりが強化されてはいますが

お店側も、お客様の減少で経営に苦労しているのが現状です。

 

そのためにお店の売り上げを呼び込みに依存しているお店が

少なくないのです。

良心的な呼び込みもいますが、80%は欲に目が眩んだ
客引きなのです。

客引きにしても、お客を呼び込んで収入を得ているのですから、
必死になっている人がほとんどです。


お店の中で接客している女性は時間給で給料をもらうのですから
お客の売り上げが安くても関係ないのですが、客引きの場合は、
お客の売上高によって、収入が違ってくるのです。

そのために、5,000円でも売り上げを高くしようと考えるのも
当然なことなのです。

しかも、接客は慣れたもので、男性の弱みを巧みに攻撃してくるのです。

お客の方に硬いガードがあれば防げるのですが、
女の甘い言葉に誑かされて、料金が高くなってしまう人が多いのです。

ボッタクリ事情その5
中国女性の客引きには、スキンサービスの上手な人がいます。
男って、スケベな輩が多いものです。

そんなプロの客引き女性の手口は

男性の弱みに上手く入り込んで、1軒目で焦らしておいて
男性に勝手な期待感を抱かせ、「良いお店があるから」と言って、
2軒目に連れて行くのです。

時には3軒目と連れまわし、総額で20万円、30万円のカード決済を
させる客引きがいるのです。

ボッタクリ事情その6

お店で酔って、寝込むことは危険です。

寝ている間に、飲んでもいないビールやワインの空き瓶が
テーブルの上に増えているお店があるのです。

 

酔っているとどれだけ飲んだかわからなくなります。

本当に飲んだのであれば仕方ないのですが

飲んでもいない分まで請求されている場合があるのです。

 

ボッタクリ事情その7

銀座や新橋では事件にもなったのですが、
睡眠導入剤をお酒に混入する客引きがいます。

そして、
寝込んでいる間に「サイフ」の中身を抜いてしまうのです。
こうなると「ボッタクリ」の範囲でなく、盗みなのです。

酔いがさめて、財布の中身が異常に減っていても
お店で盗まれたという証拠はどこにもないのです。

ボッタクリに会わないための手段
赤坂における「ボッタクリ」は
客引きによるケースが多いのです。

客引きにも、良心的な客引きがいるのも事実です。

しかし、良心的な客引きなのかボッタクリの客引きなのか
見極めるのは、一般の人では大変難しいのです。

詐欺師の言葉が甘く、信用してしまうのと同じで
プロの客引きほど、言葉巧みで、安心感を与えるのです。

ではボッタクリに会わないためにはどうしたらいいのか?

唯一の方法は
客引きに付いていかないこと

なのです。

上司や、先輩の通っているお店に行くことをお勧めします。

赤坂は初めてで、知っている人がいない場合は
アライブネットを通じて紹介してもらうことが安全と言えます。

 
 

 

Copyright(C)2003 Alive net, all right reserved